新型

スズキ ジムニー、ジムニーシエラの維持費はいくら?ローンや残価設定、お得に乗れるのは?

投稿日:

クルマを購入するにあたり支払い方法をどうするかはとても重要な問題です。

一括購入は無理でも分割でなら手が届くかもしれない、そんなジムニー愛を抱いている方々にスズキジムニーとジムニーシエラを分割支払いで購入する場合の指針をまとめてみました。

https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

スズキ ジムニー ローンを組む時の注意点

どこでローンを組むか

まずローンを組むにあたってですが、特に注意したいのはローン会社によって利息が大きく違ってくるということです。

ディーラーで購入するならそこでローンを組むのが普通じゃないの?と思われる方もおられるかもしれませんがローンを組む候補は主にいくつかあります。

ひとつは前述した購入する販売店が提携しているローン会社です。

ディーラーにしろ販売店にしろ必ずそれぞれ分割支払いのために提携しているローン会社があります。

そしてもう一つは自分がすでに口座をつくっている金融機関でローンを組むという方法があります。

加えて自分が住んでいる最寄りの場所での金融機関でローンを組むという方法があります。

最もシンプルで手間もかからないのが購入先でローンを組むというものですが、実のところローンを組む相手によって利息の差は何十万円と違ってきます。

こうして注意点として挙げていることから分かるように、単純に販売店の利息は高めです。

ローンを見積もる

それでまずは自分がスズキジムニーを分割支払いで購入するにあたっていくつの候補があるのかを調べてみられることをオススメいたします。

まずできるのは現時点で口座をつくっている金融機関が出しているマイカーローンについて見積もりを出してみます。

そしてさらに最寄りで低金利でマイカーローンを組めるような金融機関がないかを探してみます。

例えば農協などは積極的にマイカーローンをうたっていますし、キャンペーンなどを行なっているところもあると思います。

一括購入をしたいところですが、安い買い物ではありませんので懐事情がそうはいかないというのが現実です。

そうであればできる限り利息もおさえたいですよね。

購入時に少し時間をかけてあげるだけで家族旅行の費用が余分にできるくらいの違いがでてくるのであればその価は十分にあるといえます。

それでローンを組むという決定をするときに、どこでそのローンを組むかを選択することが重要だということを覚えておきたいです。

スズキ ジムニーのローンと残価設定、どっちがお得?

残価設定ローンとは

まず残価設定ローンとは普通のローンを組むのとどう違うのでしょうか?

残価設定ローンはその名前にあるように残っている価値が反映されます。

例えば初めの車検まで3年間ジムニーを乗ってその後手放すことにした場合の最低買い取り価格が保障されているというものです。

もちろん過走行や事故歴などの例外は残価に影響してきますが、その三年間は比較的月々の支払いが安く納まります。

ではデメリットはないのでしょうか?

一時的にジムニーを乗りたいという方にとっては残価設定ローンはそれほど大きな欠点はありません。

例えば一度どうしてもジムニーを乗ってみたいけど、子どもが大きくなってきたら買い替えるだろうなという方にはこの支払い方法もオススメできます。

ただし、3年のローン期間が終わった後続けて乗りたいと思った場合、一括払いで買い取るもしくは改めてローンを組みなおすということが必要になります。

これは分かりやすくするための例ですが、200万円のジムニーを3年間で半分の100万円の支払いまで終えたとします。

残りの100万円をそれまでに貯金して一括購入できれば負債はなくなりますが、もしローンを組みなおした場合どうしてもそれまでより利息が高くなってしまいます。

つまりここでも余分な支払いが増えてしまうということです。

どちらがお得?

では実際には通常のローンと残価設定ローンどちらの支払い方法を選んだらよいのでしょうか?

結論からいいますとスズキジムニーを一定期間内乗られるだけの予定であれば残価設定ローン、ずっと乗り続けたいとお考えの方であれば通常のローンを組むのが一番ベストです。

これは単純に利息をどれだけ抑えられるかという点が関係しています。

残価設定ローンは月々の支払いに手が届きやすく敷居が低いように感じるので購入ユーザーを増やす面では上手な方法だなとは感じます。

でも後々総計してみますとそれほどお得に乗れていたわけでもないことが分かってきます。

とりわけジムニーはどれだけ経っていても高値で取引されるリセールバリューが特別高いクルマなので、残価で買い取ってもらうよりも価値が高かったりするということもありえます。

残債を一括払いで購入した後に中古車買い取りで査定してみるというのもありかもしれませんね。

中古車一括査定なら、複数の業者に査定してもらい、一番高く買ってくれるところに売ることができるのでお得です。

詳しくはこちらで説明していますので、参考にしてみてください。

面倒ではありますが全体を総計して自分にあった支払いを選択することがお得にジムニーを購入する秘訣です。

スズキ ジムニーの月々の維持費と年間の維持費は?

ジムニーとシエラの購入時費用の違い

まず軽自動車規格であるスズキジムニーの購入時にかかる費用は自動車取得税が30600円、重量税9900円、自賠責保険が35610円、リサイクル料が8650円、合計84760が主なものとなります。

対してジムニーシエラは自動車取得税が50400円、重量税36900円、自賠責保険36780円、リサイクル料が8940の合計133020です。

差額は約5万円ほどシエラの方が高くなります。

車両価格はグレードによって17万から30万円の開きがあるので一概にはいえませんが、これらが上乗せされる分シエラのほうがどうしても高くなります。

そうなると月々の支払いもやっぱりシエラのほうが負担は大きいですね。

燃費に関してはそれほど大きな開きはありませんのでランニングコストはだいたい同じとみておいていただければいいと思います。

ただ高速走行を活用される方は排気量にゆとりがあるジムニーシエラのほうがランニングコストがよくなると思いますし、運転もいくらか楽になります。

年間ランニングコスト

そして毎年の自動車税はスズキジムニーが10800円なのに対してジムニーシエラは34500円です。

そして車検時には購入時にあげているのと同様に重量税がかかってきますので、車検を受けるたびに何万円というこの差は乗った分だけ広がっていきます。

長く乗るときにランニングコストの面ではスズキジムニーに圧倒的に軍配が上がります。

https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

燃費に関してはそれほど大きな違いはありません、スズキジムニーかジムニーシエラかというよりはオートマ車を選ぶかマニュアル車を選ぶかというほうが大きく違ってきます。

軽自動車と普通乗用車の税金諸費用の違いで単純に3年から5年の間で何十万円と差がでてきてしまいますので、よっぽどこだわってでない限りスズキジムニーで十分ではないでしょうか?

とはいえスズキの他の軽自動車と比較しますと同じターボエンジンをもってしてもどうしても加速に苦しい場面があったり、走りにゆとりを持ちたいという方は妥協せずにジムニーシエラを選んでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少し時間をかけてあげますと意外と費用を節約できることに気付かれるかもしれません。

決してむずかしいことではありませんのでぜひ試してみてください。

https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

そうした浮いたお金でさらにジムニーをカッコよくカスタムするのもいいですし、家族サービスでジムニーで出かけるのもいいですね。

-新型

Copyright© ジムニーラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.